塩風呂で肌の乾燥予防をしてみては

いかがでしょうか?

 

 

30代ともなると肌のくすみやシミだけでなく

そもそも潤いが消えてしまい、活き活きとした

表情が作り難くなってきてしまいます。

 

肌表面の保湿バリアが加齢と共に次第に衰え、

奪われる水分がより多くなってきてしまうのが

原因なのでしょうが、今後空気が乾燥し始める

シーズンに対しても万全の備えをしなければなりません。

 

保湿クリームをメインとした化粧品アイテムの

充実が先ずは先決なのでしょうが、ここ数年海水浴、

あるいは温泉からヒントを得、取り組み始めてから

かなり大きな効果を得ている対策があります。

 

それが自宅の風呂に塩を混ぜて入浴するというもの。

 

風呂上がりは決してシャワーでそれらのお湯を

流す事はせず、そのままタオルで拭いて

乾燥させるのです。

 

 

こうする事により塩分が適度なバリアを築いてくれ

肌の乾燥を防いでくれる他、塩分そのものが肌の

老廃物排出を助けるデトックス効果を持つ、という事も

最近になって知り、ますます止められなくなりました。

 

現在は通常の食塩では無く、粗塩や岩塩等も

積極的に試しています。

 

 

更なる効果が出てくるのか楽しみです。

 

 

30代の肌でも老化に負けず潤いのある肌になる

 

家事や仕事、子育てと、とても忙しい年代である

30代の女性の肌は20代の頃の肌の状態とは

変化し乾燥が酷くなったりしわやシミができやすく

目立つようになり肌の全体がくすんでいるように見えてきます。

 

 

疲れやストレスからくる肌トラブルもありますが

30代になると肌は急激に老化が進み始めるので

今まで使用していたスキンケアでは潤わないです。

 

 

スキンケアを行っても肌が乾燥するなどの時には

もう少し保湿をしっかりと行う必要がありどんなに

加齢によってシミやしわが増え衰え始めた肌でも

しっかりと保湿してあげることで肌は潤いを取り戻していきます。

 

 

肌の保湿の方法は難しいことはなくいつもより

丁寧にスキンケアを行ったり水分や油分をしっかりと

肌に浸透させてあげることが大切です。

 

 

忙しい30代の女性でも時間をかけずに丁寧な

スキンエアを行うにはたっぷりと肌に水分を

補給してあげるために化粧水でパックをしたり

乳液やクリームなどもただ塗るだけでなく

 

 

肌に塗り終わったら手の熱を利用してプレストして

肌の内部まで化粧品の成分を浸透させてあげるだけでも

肌は保湿され潤いを取り戻すので少しの時間だけでも

スキンケアを丁寧に行ってあげることで老化に

負けない潤いのある肌になることができます。